048010
横浜催眠心理オフィス掲示板
携帯電話対応
[HOME] [留意事項] [ワード検索] [携帯に掲示板アドレスを送信] [管理者にメール] [管理用]
お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

絶対に読むべきです 投稿者:シロウ 投稿日:2008/10/10(Fri) 17:06 No.807  
実用書というよりドラマ、大奥のような世界観で展開するノンフィクション小説, 2008/4/20
By しろう (愛知県) - レビューをすべて見る

はじめにこの本を手に取ったときは、催眠の先生がトラウマの除去や扱い方について書かれた
ノウハウ本だと思っていました。

ところが本書は、スマートな体裁の実用書が多い中、赤裸裸すぎるほどに身内と恥とも
とれる事実のストーリーが著者自身の半生記として生々しく綴られています。

前を向いて生きていくうえで、忘れてしまいたい過去のトラウマというものに対して、ノウハウとして
その除去方法があるならば、サクッと知識として吸収したい思いも読者にはあると思いますが、
トラウマも含めて、魅力ある今の自分を作っていくという本書の方針に、理屈ではなく感情として
納得しました。

特に、本書の最後に書かれている「磨く」という行為は、小さい傷をたくさんつけていくことで、人には
ピカピカに輝いて見えるという一文は、トラウマというものを邪魔なものだと思っていた考え方に強く
響く想いでした。



(アマゾンの書評です)



Re: 絶対に読むべきです トシロウ - 2008/11/18(Tue) 20:13 No.865  

読んでみました。
確かに感動しますね。
自分の人生は、比べたら楽だなと思いました。
でも、何かうらやましい気持ちも起こりました。
変な感想ですが、なんか書きたくて書きました。
意味不明ですいません。


涙が止まりませんでした。 投稿者:トオル 投稿日:2008/10/10(Fri) 17:04 No.806  
小説でもビックリするのに、実話と知って、感動の渦に巻き込まれました。

自分自身の身内の恥とも言える出来事を見事に描写した内容に思わず引き込まれてしまいました。

その直後に私の知り合いの女の子が、偶然にこの本を私に薦めて「私はこの本に出会わなければ今この世にいなかったかも知れない」と聞いてビックリしました。

その子の日記の言葉を書評に当てさせてもらいます。

「ゴールデンウイークが終わって、この日記を書けるのも今こうして生きているからだと思っています。
職場のトラブルや人間関係、家族の問題や自分自身の人生上のトラウマ、さらに心因性の体調不良など悩みは山積みで一つ間違えばゴールデンウイークを境にこの世に居なかったかも知れません。
毎年、世の人々の心が盛り上がるゴールデンウイークは、私にとっては、うつ症状が一番悪化する季節だからです。こんな私が、こうして生きているのは、ゴールデンウイークを目の前に控えた4月の中旬に一冊の本と出合ったからです。

その日、私は、死んでしまいたい気持ちを抑えきれずに、ゴールデンウイークに死に行く場所を見つける為の旅行のガイドブックを探しに横浜の書店に向かいました。
旅行の本を見ながら、周りの人を眺めて「みんなは私と違って楽しむ為に旅行の本を探しているんだろうな」と考えて涙が溢れるのを止められませんでした。
私は、千葉県のガイドブックを購入して帰ろうとレジに向かった時、一冊の本に目が止まりました。目を引く真っ赤な表紙に「トラウマ・力(ぢから)」と書いてある本でした。
何故その本に目が止まって何故手に取り買ったのか不思議なのですが、もしかしたら神様が導いてくれたのではないかと思っています。
家に帰り、一気に読み終えて涙が止まりませんでした。

その本は、現役で心理セラピストをされている方の自伝の様な内容の本でしたが、ご自分の人生を赤裸々に語っているその本を読み終わった時には、私の自殺したいという思いは消えて無くなっていました。
私は、その本との出合いに運命を感じました。
特に感じたのは、その先生のお父様が、千葉県の鋸山で自殺して亡くなられている事をその本で知った事でした。
私が、千葉県のガイドブックを買い人生の幕を閉じようと思っていた場所が丁度その辺りだったからです。
人を苦しめるトラウマを、人生のオモリにしないで、逆に栄養にする事を説いた内容が私に力をくれました。」


(アマゾンの書評で見つけたので転載しました)





奇跡です〜(2) 投稿者:M崎・母娘 投稿日:2008/10/06(Mon) 22:43 No.799  
物書きの仕事もしている42歳の主婦です。


今回の出来事は、私の人生の中での3大事件に

数えられる事件でした。


奇跡、奇跡とよく言いますが、


本当の奇跡に出会える人ってどれ位の

割合でいるのでしょうか?



奇跡です〜(3) 投稿者:M崎・母娘 投稿日:2008/10/06(Mon) 22:40 No.798  

その奇跡の話を3ヶ月経った今、掲示板が適切かどうかは

分りませんが、皆さんに話したくて文章にしました。


掲示板にしては大変に長くなりましたが参考にして

頂けたら幸いです。

大滝先生、今度本を書く時には、体験談を依頼して下さい。

これをベースに作文しますから。




奇跡です〜(4) 投稿者:M崎・母娘 投稿日:2008/10/06(Mon) 22:37 No.797  


大滝先生に電話をした時には、
うちの娘は一体どうなるのだろう?という状態でした。

世に言うパニック障害という病気です。


医者に行って薬を飲んでも一向に良くなりませんでした。

カウンセリングも全く無意味で、余計に悪くなってしまった
ようです。



カウンセラーが悪いのかと思って3人替えても結果は同じで

したので、カウンセリングには失望しました。


霊の仕業だという人が現れて霊能者をを紹介されましたが、

高額な祈祷料を取られただけで全然解決しませんでした。

最後に頼ったのが催眠療法でした。


奇跡です〜(5) 投稿者:M崎・母娘 投稿日:2008/10/06(Mon) 22:32 No.796  
これは、最後の砦だと思って4〜5ヶ所は行ってみよう
と決意していましたが、当然ながら1軒目で結果が
出て欲しいと思って慎重に選びました。

最初は、電話帳にカラーで大きく出ているところでした。

医師も関わっているという事も選んだ理由でしたが、
今考えれば、医者で何とかなるなら最初で解決している
はずですよね。

始める前は、いろいろな方法がある様に説明されましたが、
始めてみるとストレッチ運動とか自律訓練法しかしません。

催眠療法を希望して行って催眠療法をやってくれるというの
でお願いしたのですが、話が違うと言ったら
「自律訓練法が今一番娘さんには効果があがる方法だから
あえてやっている。他でやっているような催眠療法をやると
娘さんは悪くなるからあえてやらない」
と言われました。


でもしばらく通いましたが一向に良くならないので、
他に行く事を決意しました。






奇跡です〜(6) 投稿者:M崎・母娘 投稿日:2008/10/06(Mon) 22:29 No.795  
次には、ホームページの上位のオフィスから選びました。

超一流の医者なの?と思うくらいに見た目は信頼感バッチリの印象でした。

ここならば治るかも知れないと思いました。

しかし、自律訓練法だけではないものの、
一向に良くなりませんでした。

娘は「全然催眠に入れなかった」と言うし、

先生は「娘さんは自我が強すぎるし、
病気のせいかも知れないが雑念がありすぎて集中力がない、
これじゃ催眠はかかりません」とダメだしされてしまいました。

娘は、落胆して「私ってそんなにダメなの?催眠に入れないのは私が悪いの?」と涙を流していました。

次に、遠隔催眠を掲げている関西の催眠療法を頼ってみました。

地元の横浜だけに頼るからいけないのかも知れない。

日本中に目を向ければきっと凄い先生がいるはずだと思いました。

神戸まで行くのは大変だけれど遠隔催眠というならば横浜にいて治るのではないか?と大きな期待を持ちましたが、期待は大ハズレでした。

遠隔催眠って電話で同じテープを聞かせる事だとは思いませんでした。

そのテープを一回聞く度に5千円で、
うちの娘の場合最低1日おきに、早く治りたかったら
毎日6ヶ月間続ければ治ると言われましたが、
計算すると50万円近くかかるんです。

同じテープならば録音して聞いても同じじゃないのか?
これはインチキだと思い3回で止めました。

その後に行った所も丁寧なのですが、力を感じませんでした。

一言で言えば、催眠の真似事をやっているというイメージでした。
その、力の無さを丁寧な対応で補うような感じでした。

私は、催眠療法に段々腹が立ってきました。

催眠なんかインチキじゃないか。
詐欺師が騙そうとニコニコしながら近づいてきて
お金を騙し取っていく。

それと同じじゃないかと思って諦めかけました。

その時にホムページで
「インチキ催眠オフィスに騙されない為に」
という言葉が目に入りました。

インチキだと心に思っていた私と
「インチキ」という言葉が共鳴しました。


その内容は、今まで私達が受けて結果が出ず憤りを
感じた内容そのままでした。



このホームページを最初に見ていたらこんなに回り道を
しなかったかも知れないと思いましたが、
ここの先生も口だけの先生かも知れないじゃないか。

私たちは完全に疑心の塊になっていました。

大滝先生も他の先生同様に電話で丁寧に応対してくれました。

そして、当日が来ました。

娘が緊張しているのが手に取るように分りました。

またいつもと同じ様に昔からの事や今の心の中を見つめて
みようなどという流れになるだろうと思い、気が重かったそうです。

しかし、部屋に入ってその雰囲気の違いに娘はビックリしていました。

催眠療法の今までのイメージと全く違ったからです。

私も呆気に取られました。

私は、その時カバンの中にレコーダーを持っていました。

遠隔催眠みたいに何かテープを聞かせてお金を取るならば、
そのテープを録音してやれ的な発想でした。

だから会話はかなり忠実に再現できました。


奇跡です〜(7) 投稿者:M崎・母娘 投稿日:2008/10/06(Mon) 22:22 No.794  
大滝先生は開口一番
「家はそんなに遠くないのに随分遠回りしちゃったね。
今まであちこちで、いろいろ聞かれて、
同じ事を何度も答え続けてきたんじゃないの?」

「はい」

「でも、今日はそんな事は一言も言わなくてもいいからね。
まあ、次に来る時に話したかったら聞くけれどね」

その言葉を聞いて娘はホッとした表情になりました。

「いろいろ思いをしゃべらせる・・共感してあげる、
それがカウンセリングの基本だけれど限界があるんですよね、私も出だしは日本一のカウンセラーを目指していましたから、催眠療法もどうやったら最高の結果が出るか20年以上かけて研究しましたが、そこにも限界がありました」

私たちは、大滝先生の話に引き込まれていました。

何故ならば、大滝先生がしゃべっているのに私達母娘が、
最初に訴えたかった事とほぼ100%一致していたからです。


奇跡です〜(8) 投稿者:M崎・母娘 投稿日:2008/10/06(Mon) 22:19 No.793  


私がどんなに頑張っても催眠にかからない人がいました。
というより催眠にはかかっているのですが認めない人と言った方がいいのかもしれません。
そんな時に催眠術師や催眠療法士は
「雑念がある、とか被験性が低いとかイメージ力が乏しい」
とか言って、かかる方に問題があるといい訳をするんですよね。

それは、プロとして最悪だと思いました。

それを、打破する為に、私は試行錯誤して10年近くの年月をかけて2年前に催眠療法を終わらせたと言って過言ではない方法を考案しました。

でも、それは、すでに他の人も実行している方法だったんです。

でも、方法は合っていても、その力が弱いから効果が得られないんじゃないか?と思ったんです。

だから、自分の持つ日本一と思っている催眠法に日本最高峰と思える技法を選抜して、更に選んで合体させたんです。

今日はそれを体験してもらいます。(すごく長いので略)」

大滝先生は、その日今まで他でやった治療と重なる行為は一切しませんでした。

私たちは少し不安になりました。



奇跡です〜(9) 投稿者:M崎・母娘 投稿日:2008/10/06(Mon) 22:14 No.792  

他の人達が、あんなに真剣に取り組んだのに治らなかった症状をこんなに軽いノリ?とも思える対応で治るのだろうか?

大滝先生ってビッグマウスの上に手抜きの、今までの人よりも酷い催眠療法士なのではないのか?という疑念が湧いてきました。

その時にふと大滝先生の頭の上を見ました。

そこには社会文化功労賞という賞状がありました。

正直言って、目の前にいる大滝先生とこの賞状がシックリと来ないのです。

目の前の大滝先生は、あまりにも気さく過ぎるのです。
もしかしたら大滝先生の名前を語ったニセモノ?とも思いました。

その様子を見ていた大滝先生は
「今までの所とあまりにも違うからビックリしていませか?」

図星をつかれた
「はい」と答えたら、
「じゃあ、治る可能性が高いかな!」と言うので
私は一体何が言いたいんだろう?と思って質問をしよう
とすると

「今までのやり方が正しいなら、治らないまでも何か変化はあるでしょう。それが全く無かったと電話で聞いていたから全く違うアプローチをしました。でも、違いすぎて混乱させてしまった様ですね」

その日、大滝先生は、私達が催眠をやってもらった・・と感じる技法は全く使わなかった。

知り合いの家に遊びに来た・・そんな感じだった。
「催眠暗示・・暗示とは気付かせない様に刷り込むから暗示なんです。寝かせて耳元で唱えたら暗示ではなく明示でしょう。そんな催眠じゃ限界がありますよ。だから雑念があるから催眠がかからないなんて、いい訳をするんです。」

そう言っている時の大滝先生は、迫力があった。


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | |

NO: PASS:


無料掲示板レンタル「ADVEN-BBS」/3/25更新/沖縄食べ歩き
original:KENT